スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

押売レポート

006.jpg

先生あのね、バイト先でお客さんに鼻毛が出ていることを指摘されたよ。しかも両方だよ。しかも左から二本だよ。

「Steins;Gate」という名前を僕はブログなどで前々から出している。
言ってしまえばギャルゲの名前なんだけど、これがとても面白い。
この作品をプレイしたことのない人と鼻毛カッターを買っていない人は人生を損しているというくらい。
え?鼻毛カッターなんていらないだろ?手で抜ける?おいおい、馬鹿言っちゃいけないよ。鼻毛を数本引っこ抜いちゃうよ。
鼻毛カッターの良いところは何と言っても、楽に鼻毛がカットできる部分にある。
手やハサミなんかで鼻毛を抜こうとするとどうしても鏡を見ながらの作業になってしまうんだけど、鼻毛カッターだと鏡なんていらない。もう叩き割っても構わない。
それこそ、読書中でも食事中でも一打同点のチャンスでバッターボックスに立ったときでも、いつでも鼻毛が美しくカットできる。
鼻毛カッターはもはや文明の利器と言っても過言ではないと思う。

この鼻毛カッターと引けを取らないのが、最初で述べた、「Steins;Gate」という作品だ。
残念ながらこの作品で鼻毛をカットすることはできないんだけど、それを補う面白さがこの作品にはある。
ネットスラングが多用される作品なので、人によって合う合わないがあると思うけど、少なくともこのブログに足を運んでいる残念な方々にはぴったりかな。
この作品の魅力は秀逸なストーリーにあって、題材としては、「タイムトラベル」というありがちなものなんだけど、それを科学的に切り込んでいくのが新鮮でとてもいい。
切り込んでいくという面に関しては鼻毛カッターも持ち合わせている部分ではあるけど、いい加減くどいと思うのでやめておくわ。

まあ、ここで色々と魅力を羅列しても意味がないと思う。とにもかくにも買えば分かる。
ゲームは買っちゃだめだってうちのママが言うんだ!ファック!というアリゾナ州に住むボブくんのような人は今ちょうどアニメがやっているのでそれを見ればいいと思う。
とにかく、「Steins;Gate」という作品に触れてもらいたい。そして、教えてくれてありがとうございました!お礼と言ってはなんですが、私と・・・その・・・お付き合いを・・・とショートカットの女子高生に言ってもらいたい。あわよくばその後に一夜を共にしてもらいたい。
まあ、一番理想的なのは鼻毛カッターを使用しながら「Steins;Gate」をプレイすることだね。
スポンサーサイト

■ Comment

No title

鼻毛は確かに手で抜こうとすると痛いですよね。僕はカッターは使っていませんがw

僕の趣味ではないような気もする作品ですが、暇が出来たらゲームは最近やる気が起きないのでアニメの方でも見てみたいと思います、最近はその暇がなかなか出来なくて困ってるんですけどね、後アニメって一つとして見たことがないんですけどねw

No title

鼻毛カッターって、どこまで押し込んでいいのか迷いますよね。
非公開コメント

検索
ツイッター
リンク
RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。