スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リア充ライン

いやあ、リア充すぎてね、やばいっすわ。リア充っていう言葉は僕をモチーフにして作られたんじゃないかなみたいなね。
どれくらいリア充かと言いますと、貴重な休日を魔法少女のアニメを見ることによって丸々一日潰してしまうくらいにはリア充です。

あれあれ・・・何で笑ってるんですか。何ですかその人を蔑んだ目は。
そもそもリア充っていうのはね、基準が曖昧なんですよ。恋人がいる人をリア充とみなす人もいれば、趣味に打ち込んでいる人をリア充とみなす人もいる。バラバラなんですよ。
魔法少女のアニメを薄暗い部屋で見ることにより僕自身が充実感で満たされたのなら、それはリア充と呼んでいいんですよ。何も間違ってないんですよ。でもなぜでしょう。涙が止まらないのは。

ええ、まあ、上記のような感じですよ。相変わらず。大学生活よりアルバイトのほうが充実しているという現実です。
大学で素敵なパートナーを見つけるはずでしたが、このままだと僕のパートナーはアルバイト先のレジになってしまう勢いです。初体験の相手がレジになってしまうかもしれません。その場合、避妊はするべきなのか、そもそもどこに挿入すればいいのか、行為後にお釣りは返ってくるのか、なんてことを考えていると眠れない夜も多々あります。

そんなアルバイトですが、先日初任給が入りました。約五万円です。
初任給で何を買うかで人間性が決まるなんてどこかの誰かが言っていた気がしますが、どうしましょう。母の日も近いことですし、無難に母へのプレゼントでしょうか。
・・・うーん、でもそれだと何か無難すぎますよね。奇をてらって、サラミ百本とかどうでしょう。「お前、初任給で何買ったの?」「俺?サラミだよ」「ふーん、サラミかー・・・サ、サラミ!?」的なね。ネタにはなりますよね。まあ、僕サラミ嫌いなんですけど。
スポンサーサイト
検索
ツイッター
リンク
RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。