スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハイ・スクール・ガール

高校生活が終わります。
リア充というほど順風満帆な三年間ではありませんでしたが、それなりに楽しく過ごせたのでいざ卒業となるとやはり一抹の寂しさはあるもので。

まあ、何と言っても、女子高生と同じ空間にいられなくなるというのが一番寂しいですね。僕の中では女子高生というのは特別天然記念物に認定すべきだと思っている存在ですから。女子高生とロマンスを繰り広げるために高校に入学したと言っても過言ではないですからね。
しかし時の流れとは早いもので、僕にロマンスの神様は微笑むことはなく今に至ったわけです。ゲレンデがとけるほど恋したいと思っていましたが、ゲレンデどころか凍らせたペットボトルの麦茶さえとかすことができませんでした。広瀬香美も真っ青です。

こう、スクールライフを送っているときはそれほど女子高生っていうのは意識しないんですよね。
でもこうやってあと数日で卒業するという境遇に立たされて改めて分かる女子高生の偉大さというかね。男は制服を脱いだときにね、女子高生の存在の大きさを思い知らされるんだなあと思いました。めでたしめでたし。

なんかさっきから女子高生のことしか書いてませんね。
いや、素敵な思い出の一つや二つ書こうかなと思ったんですけど、僕の脳内にある「素敵な思い出@高校生活」フォルダの中をいくら検索しても一件もそれらしきファイルがヒットしないのだからどうしようもありません。

まあ、僕は皆さんに女子高生の素晴らしさを伝えられただけで大満足ですけどね!
スポンサーサイト
検索
ツイッター
リンク
RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。